自己肯定感が高い子どもと低い子どもの違い

自己肯定感とは、「自分には価値があるんだ」「自分は愛されているんだ」といったように自分の価値や存在意義を前向きに受け止める感情や感覚のことです。

自己肯定感が高い子どもには次のような特徴があります。

・他人を尊重し、コミュニケーション能力が高い

・自分の感情や衝動をコントロールできる

・ポジティブで、プラス思考

・物事に意欲的かつ集中して取り組むことができる

・失敗を恐れず、チャレンジ精神がある

・人と自分を比較することが少なく、幸福度が高い

自己肯定感が高い子どもは、自分のことを大切に思い、周囲からも大事にされていると感じているため、失敗よりも成功を強く意識して前向きにチャレンジしたり、壁にぶつかっても立ち向かっていくことができます。また、人と積極的に関わり、他者や環境を受け入れ、良好な人間関係を築いていける傾向にあるのです。

一方、自己肯定感が低い子どもは、成功よりも失敗した体験を強く意識し、自分を否定的に捉える傾向にあると言われています。自らの感情がコントロールできず情緒不安定で、自分や他人を信頼することができないため、協調性がなく、あきらめやすいことが特徴として挙げられます。

当然、子どもを持つ親なら自己肯定感の高い子どもに育って欲しいと思います。

子どもの自己肯定感を高めるために重要な鍵となるのは「ほめる」ことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です