マルトリートメントとは?

子どもの健全な発達を阻害する不適切な養育のことを「チャイルド・マルトリートメント」といいます。

マルトリートメントによって、子どもの脳は変形するそうです。

虐待について児童虐待防止法によると「身体的暴行」「性的暴行」「心理的虐待」「ネグレクト」などを定義していますが、マルトリートメントは「子どもへの不適切なかかわりかた」と言われており、親も気付かないうちに行っている場合が多いのです。

親が子どもにやってはいけないマルトリートメントのベストスリーを発表します。

1位 子どもの存在を否定する言葉 (あなたなんか産まなきゃよかった、など)

2位 兄弟や友達との比較

3位 裸でウロウロ家の中を歩き回る

私は子どもの頃母親から「お父さんと結婚しなきゃよかった」という言葉を聞き、結婚してなければ今の私は存在しないのに・・と思っていました。

子どもは親の何気ないひと言でもよく聞いていると理解して、言葉かけをしていきたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です